NEWS
施工実績 よくある質問 会社案内 カツミ不動産 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > 太陽光とは

太陽光とは

太陽光発電のメリット

gf1940238765o.jpg 太陽光発電のメリット 4.6kWシステムの場合、大阪市の年間予測発電量は5,376kWh(※2)となり、CO2の排出削減量(※3)は年間約1,691kg-CO2に。

これは平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガス(約5,040kg-CO2(※4)の約33.5%が削減できることになります。

また、同時に電気代の大幅な節約も期待できます。
例えば4.6kWシステムを設置すると
(大阪市 真南設置/設置角度30度の場合)
削減率 33.5%
※1 CO2削減率(%)=CO2 削減量(kg-CO2)÷5,040(kg-CO2)
※2 Panasonic発電量シミュレーションによる
※3 CO2の発生量は、太陽電池生産時に発生するCO2の発生量(0.0455kg-CO2/kWh)を加味し、0.3145kg-CO2/kWhで試算。
※4 日本の平均的な1世帯から出る温室効果ガス排出量は年間約5,040kg-CO2 (財団法人 日本環境協会内 全国地球温暖化防止活動推進センター 資料より)
※5 火力発電の石油消費量を1kWhあたり0.227Lとして計算。

eco_02.jpg
太陽光発電のメリット02 昼間に発電して余った電気は売ることができます。

●昼間の電気が太陽光でまかなえておトク。
昼間は、太陽光で創った電気で、照明やエアコンなどのさまざまな電気設備をまかない、電力会社の電気をあまり使わずにすみます。

●使わず余った電気は電力会社に売れておトク。
使った電気の量より、太陽光発電で創った電気の量のほうが多くて余ったら。その余った電気は自動的に電力会社に買い取ってもらえ、とってもおトク。これを「売電」といいます。

太陽光発電のメリット03 国や自治体が太陽光発電を応援。設置の時には補助金が利用できます。
売電について教えて! 補助金はどれくらい? 全国の補助金を調べる

太陽光発電の仕組み

太陽電池が、「太陽の光(エネルギー)」を「電気」に変換。

太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池です。
太陽電池は太陽光(エネルギー)を吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器。
シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電することができます。

太陽光発電の仕組み 太陽電池は、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。
太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられます。
このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

つくった電気は、そのまま家庭用電力として使用。
太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。

つくった電気は、そのまま家庭用電力として使用。 【1】電気を創る:太陽電池モジュール
太陽光パネルで太陽の光を受けて電気(直流)を創ります。

【2】交流に変換:パワーコンディショナ
太陽光パネルで創った直流の電気を、家で使える交流に換えます。

【3】電力を分配:太陽光発電対応住宅分電盤
発電した電気を各部屋のコンセントに送ります。

【4】電気を使う:電気製品や設備
昼間は太陽光で創った電気で、家中の家電製品を使います。

【5】電気をチェック:エネルギーモニタ
創った電気の量、売った電気の量や金額、わが家のエコ度などが、グラフやイラストでわかります。

【6】電気を売る・買う
創った電気が余ったら、電力会社に送電して電気を買い取ってもらいます。
夜や雨の日など、太陽光の電気では足りないときは、従来どおり電力会社の電気を買います。


HITシリーズの特長

HITシリーズ 暑い日でもしっかり発電。
意外にも太陽光発電は通常、太陽電池モジュールの表面温度が高くなりすぎると発電効率が落ちます。
でもHITは優れた温度特性で、幅広い温度範囲で発電量をキープ。高温でもしっかり発電します。

発電電力の1日の変化
eco_07.jpg 小さな屋根でもたっぷり発電。
HITは業界最高水準※1 の発電量。
従来より少ない太陽電池モジュール枚数でたっぷり発電できるため、小さな屋根でも十分な電気を創れます。
eco_08.jpg 太陽電池モジュール枚数を減らせて家への負担を軽減。
同じ発電量ならHITは太陽電池モジュール枚数を減らせるため、屋根にかかる重量負担を軽減。
例えば一般的な約3.7kWのシステムなら、154シリーズより約130kgも軽くできます。
屋根が軽くなる分、減震効果も向上します。
eco_09.jpg 汚れが溜まりにくいウォータードレインコーナー。
太陽電池モジュールは、もともと汚れが付きにくい構造。
モジュールのコーナーに汚れが溜まりにくい「ウォータードレインコーナーフレーム」採用で、防汚機能がさらにアップしました。

お問い合わせ

このページのトップへ